美味しいコーヒーを入れるコツ

コーヒーを飲まれるとき、ドリップしてお湯を注ぎますよね?

 

同じ豆でも煎れ方によってずいぶんと味は変わってくるものです。

 

coffee

豆の挽き方であったり、お湯の温度やむらし方などコツはさまざまですが、先日教わった方法で、

びっくりするほど簡単で、しかも確実に味の変化を体感できる方法がありましたのでご紹介させていただければと思います。

 

コーヒー飲むのって朝が多いですよね?

 

朝コーヒーを入れる時、ボーっと眺めていられるほど時間にゆとりはない訳です。

 

 

そうすると『むらし』が終わった段階で、

お湯をペーパーの中にドバっと入れて何か他の作業をしてしまい、

お湯が無くなったらまた足して…のような入れ方をしてしまいがちになると思います。

 

 

ペーパーの中のお湯を最後まで出しきってしまうと、余計な雑味がでてしまうという話を聞いたので、

 

ペーパーの中のお湯が無くならない様に、

そして最後はまだお湯を出し切る前に取り除く方法で入れてみました。

 

 

するとビックリするくらいの味の変化でした。

 

今まで散々飲んできた同じコーヒー豆とは思えないくらいの香りやうま味というのでしょうか、

本当に喫茶店でマスターが入れてくれたのかと思うほどでした。

 

コーヒーは奥が深い。単純ですが一つ勉強になりました。