ロードバイクで、走行が時短できる

cycling

普通の自転車ではなくてロードバイクに乗ると、速度の速さが実感できます。

 

ロードバイクは片手で持ち上がるほど軽量で、あまり重みを感じないアルミボディになっています。

 

 

それに3段と8段の合計24段変速になっていて、走行に合わせて変速することができます。

 

平坦な道では、変速して走っていると、かなりのスピードになります。

 

しかし、信号があり、交通量が多いところでは、あまりおすすめしません。
ヘルメットを着用して走ったほうが安全でしょう。

 

 

中距離の走行には変速が大幅な時短になり、歩道橋を上がる場面でも変速が活躍します。

 

もっとも軽く上れる位置にギアチェンジをすれば、座ったままでもグイグイッと上っていけます。

 

坂道があっても、自転車を降りて押して上がらなくても上がれます。

 

 

ロードバイクのブランドにはさまざまなメーカーがあり、それぞれ普及率や価格帯が異なっています。

 

価格が高ければ高いほど、スマートな形をしていて、レースでも使われるような自転車になっていきます。

 

 

予算が少ないときは、中古で3万円台のものを探すとあると思います。

 

ブランドにこだわると、5万円以上、10万円以上のロードバイクがざらにあり、専門店ではバリエーションが豊富です。